top of page
ニューヨーク事務所

「 出会えてよかった 」
このひとことのために
MY BEST COSMETICS

SERVICE

01

​ヘアケア関連研究事業

アートボード 1.jpg
商品を「作る」だけではなく、実際にお客様に喜んでいただけるもの。使っていただき納得いただけるものを、ストーリーをもってご提供できる状態に整えます。天然由来だからこそ得られるもの、化学由来でしか得られないもの等、最新の研究開発情報を収集・分析し、商品に反映させています。

02

​「オプティミスティック」事業

Aromatheapy油
多くの方のお手元にお届けできるよう、WEBやリアル店舗での販売を行っております。国内の百貨店様やウェディングギフトなどにも数多く採用され、今後のSNSの発展やさらに新しいコミュニケーションスタイルに合わせて、お客様からお選びいただける選択肢を広げていきます。

03

オリジナル化粧品開発支援

ツリーの絵画
世に出ているものではなく、自分自身で納得できるような魅力的な化粧品をオリジナルで作りたい!そういったご要望にもお応えしています。
まだ会社としてではなく、個人として始めてみたい。そういったお悩みにも対応可能です。
​インフルエンサー様からのご相談も複数あり、お客様自身のスタート時期に合ったプランをご提案いたします。

オリジナルの化粧品づくりとは?

「目的」「課題設定」- 当社では、お客様の望む要望に可能な限り沿ったシナリオ提案を行います。

オリジナルの化粧品を作ること自体は最終的な目的でない場合が多く、新しく創造した商品やサービスを通して、いかにお客様の満足を得られるようにしていくか。これが本質的なご依頼の場合がほとんどです。

私たちが提供するサービスは、事業運営面の不確実性を出来る限り明確にし、ビジネスを成功に導きます。

製造会社に直接依頼しない方がコストダウン?

事業フェーズによって費用感は異なります。

意外に思うかもしれませんが、直接依頼をした方が最終的に高くなる傾向があります。現状それが「普通」となっているため、特に疑問に思う方も少ないのですが、費用を可能な限り押さえて事業スタートしたければ、ディレクション会社を使った方が有益に働く場合が多くあります

具体的には、「原価」というと商品1個当たりの中身のコストのことを考えますが、1個当たりのコストを抑える場合は当然製造ロットを多く依頼する必要があります。さらにそのロット数と同じだけの容器やポンプ、保管スペースなどが必要になるため、トータルコストが大幅に上昇してしまうのです。

これは、事業が軌道に乗っている際は問題ないのですが、立上げ当初に「上手くいく”だろう”」と依頼をかけてしまうと、作った商品が売れる前から一気にその請求が発生してしまうため、キャッシュフローがいきなり悪化し、事業が失敗してしまうケースが多くあります。

​お客様がしっかりとついて、実際に安定するまでは、当社のようなディレクション会社を利用し、慎重にテスト主動で行っていく方が、立上げフェーズについてはメリットが得られやすいでしょう。

​化粧品事業は個人戦でこそ成功する。

広告費を莫大に使う企業は化粧品に強い。
これは昔も今も変わりません。しかしながらビジネス立上げ時は、沢山売りたい!とモノ売りに走るべからず。日本一の製品を目指すよりも、ひとりひとりのお客様が「これじゃなきゃダメなのよね」「〇〇さんが作ったものはやっぱり良いね!」という顧客満足度を高めることが必要。まずは、目の前のお客様に満足いただける商品やサービスを創っていくことに専念しましょう。

特にオリジナル化粧品をこれから作って販売としていこうとされている方は、日々、どのように他製品と差別化していくかと、頭を悩ましていることでしょう。

​現代は多様化社会となっています。市場を牽引していた大手企業の中でもブランドの種類によっては、残念ながら撤退されるものもあり、大手だから強い。個人だから弱い。という力学は崩れつつあります。
 
今必要なのは、どのように自分の存在を知ってもらい、選んでいただくかです。スモールスタートで、堅実にビジネスを構築していくべきだ。と、考えられているならば、まずはぜひ一度ご相談ください。

まずは、お試しください。

さまざまなお悩みに対し、ひとつひとつ丁寧にお応えできるよう商品開発をしております。
​まずはお気軽にお問い合わせください。

bottom of page